Flaming fox(フレイミングフォックス)レビュー

「Flaming fox(フレイミングフォックス)」は、2018年にRed Tiger Gaming(レッドタイガーゲーミング)社によってリリースされた比較的新しいスロットゲームになります。 

過去に日本人のプレイヤーで、約460倍の配当倍率を叩き出したこともある、爆発力の高い機種となっています。忍者の姿をしたキツネがマスコットのFlaming foxは、ゲーム中にキツネが登場して絵柄を蹴り飛ばして、ワイルドに変えてくれたり、絵柄を揃いやすくしてくれるという目玉演出があります。 

カンフーパンダを彷彿させる様なフレイミングフォックスは、演出だけではなく高クオリテイな映像やサウンドも見逃せません! 

Flaming fox(フレイミングフォックス)レビュー
(さらに…)

Vikings Go To Hell (バイキング・ゴートゥ・ヘル)レビュー

人気バイキングシリーズの第三弾である「Vikings Go To Hell バイキングゴートゥヘル」は、2018年にユグドラシル社によってリリースされました。  

海賊であるバイキング達が悪魔と戦うというストーリーの本機は、悪魔との戦いに勝つことでフリースピンが獲得できたり、宝箱を集めて恩恵を受けたりと、ゲーム性が高いのが特徴です。 

Vikings Go To Hell (バイキング・ゴートゥ・ヘル)レビュー
(さらに…)

Gonzo’s Quest ゴンゾーズクエスト レビュー

ゴンゾーズクエスト(Gonzo’s Quest)は、2013年11月にNetEnt(ネットエント)社によってリリースされました。ゴンゾーズクエストは、ネットエント社のスロットの中でも最も有名な機種で、3Dアニメーションによる高クオリテイな映像とサウンドが楽しめます。 

歴史上の人物であるスペインの兵士、ゴンザロピザロ(ゴンゾー)は、森の奥に眠る古代遺跡の中からエメラルドを見つけるために探検を続けます。 

ゲームスタイルは、落ちゲーとも呼ばれている新しい絵柄が上から落ちてくるタイプのスロットになります。ペイアウト率は96.00%ですが、ボラティリティは中〜高と一発当たりの爆発力が大きいのが特徴です。 

Gonzo’s Quest ゴンゾーズクエスト レビュー
(さらに…)

Jungle Jim El Dorado・ジャングルジムエルドラド レビュー

2016年にマイクロゲーミング社によってリリースされた「Jungle Jim El Dorado (ジャングル・ジム・エル・ド・ラド)」は、探検家のJungle Jimがエルドラドの冒険に行くというストーリーのスロットゲームになります。 

高ペイアウト率なだけでなく、配当が倍率になるマルチプライヤー機能も搭載しているので、高配当が狙いやすいという特徴からリリース以来根強い人気を持つスロットとなっています。 

Gonzo’s Quest
(さらに…)

スロットレビュー:Finn’s Golden Tavern

NetEnt社から制作された「Finn’s Golden Tavern (フィンズ・ゴールデン・タヴァーン)」が 2019年12月4日にリリースされました。

登場絵柄はスキャッターの宝箱とスターワイルド絵柄、コイン絵柄4枚と低額配当絵柄4種類で構成。

タイトルが「酒場」の通りお酒の絵柄が描かれています。

🍶🍶🍶🍶🍶🍶🍶🍶


リール数:5リールx5行、ペイライン:クラスタータイプ、ベット幅:0.1~500ドル、還元率:96.1% ボラティリティは中/高となっておりMAX WIN: 1,000~2,000X というスペックになっています。


スロットレビュー:Finn's Golden Tavern
(さらに…)